お菓子作りに向く「電気オーブンの選び方」3つのポイント

こんにちは。
埼玉県蕨市でお菓子教室と販売をしているパティスリーミチのMichiです。

お菓子作りに向く「電気オーブンの選び方」3つのポイント

私の工房には、現在オーブンが3台あります。

・業務用電気オーブン、
・ガスオーブン、
・家庭用電気オーブン

(ほぼ電子レンジとして使ってる小型の家庭用電気オーブンも、2階にあります。)

生徒さんに、「この家庭用電気オーブンに決めた理由は何ですか!?」と、よく聞かれるので、

ブログ読者様にも、お話している内容をシェアしますね♪

 

オーブン選びの私のポイントを結論から言うと、

①30リットル以上の庫内
②熱風機能があるか(コンベクション機能)
③天板サイズ(自分の焼きたい型が入るか?)

の3つです。

 

①30リットル以上の庫内

庫内があまり小さいと、熱が均等に回らず、焼きムラが激しいし、お菓子によっては焼けないものが出てきます。

例えば「シフォンケーキ」。

シフォンケーキは背が高いので、膨らんだ生地が天井にくっついてしまった事があります。

これです↓

普段は電子レンジとしてのみ使ってます。

オーブン

また、熱の伝わりが悪くて、膨らみも悪かったです。

30リットル以上あれば、だいたい何のお菓子でも焼けるし、クッキーなど2段焼きが出来るので、一度にたくさん焼く事が出来るのも重要です。

 

②熱風機能があるか(コンベクション機能)

オーブンの中で熱が循環する機能で、この機能があれば焼きムラはそれほど酷くありません。

また、焼きの効率も良いです。

 

③天板サイズ(自分の焼きたい型が入るか?)

昔のオーブンは、だいたい正方形が主流で、30リットルサイズのオーブンの天板は30×30センチでした。

でも最近は、長方形が多いですね。

 

自分の持っている型が入るのか?

オーブンを買い替えたら、型も買い替え!?なんてことは嫌なので、今ある型がそのまま使える天板サイズかどうかのチェックもします。

 

私はその3つのポイントを満たしていれば、最新型には全くこだわりません。

型落ちで十分で、昨年買い替えたオーブンは、型落ちの、39,800円のシャープ製品。
(最新型は、128,000円もした!)

 

私はメーカーよりも、上の3つのポイントを重視して、そうすると、もう3択くらいになっちゃうんです。
(最新式は、もともと選択にいれず。)

店員さんの話も超、参考になるので、全然予定していなかったシャープに決定。

(メーカーにこだわりなし)

(これは業務用)

最後に、オーブンの選び方よりも大切な事

 

最後に、語っちゃいます!

 

オーブン選びは、重要かもしれないですが、

その買ったオーブンをどう使いこなすか、仲良くなるか、そっちが超重要です!

 

オーブンそれぞれ、個性があります。

私の業務用オーブンも、ガスオーブンも、とても気に入ってて大好きですが、ここがダメってところはあります。

15年使っていた家庭電気オーブンは、サンヨーのもので、足りないところはあったけど、良いところもあって、マカロンだって焼けるし、ずっと現役でした。(業務オーブンがあっても。)

 

焼き上がりには全く不満はなかったけど、サンヨーのは、スポンジ焼けるのに35分かかってたんですよね。

それが、買い替えたシャープは、25分で焼けたっ

性能って上がってますねっ

 

半年くらい様子をみながら焼いていましたが、今はばっちり使いこなしています^^

 

オーブンについての質問をよく受けるので、何か参考になればと思い書きました。

 

パティスリーミチは、みなさんのご自宅でのお菓子作りを全力で応援しています♪

ご自宅でのお菓子作りの失敗が減って、もっと楽しいものになりますように^^

 

長文にお付き合い頂いてありがとうございました^^

オーブンの話はまだまだあるので、また書きますね。

 

パティスリーミチお菓子教室は毎月20~25クラス開講、100名近くの生徒さまにお越し頂いています。
現在満席です。

ご入会をご希望の方は、メールマガジンにご登録頂きますと、一番早くにご新規様募集のご案内が届きます。
ぜひご登録下さい。登録はこちらから。

*お申込み・お問合せは こちらからお願いいたします。