パウンドケーキ型にバターを塗るか、紙を敷くか問題

こんにちは。

埼玉県蕨市でお菓子教室と販売をしているパティスリーミチのMichiこと、谷田部道子です。

 

【今日は、お菓子作りに関するプチお役立ち情報です^^】

今日は、焼き菓子通販の「レモンケーキ」焼成日でした。

型に柔らかいバターをハケで塗って、小麦粉をはたいて準備します。

この準備は、B&Fと言います。(Bはバターで、Fは小麦粉です。)

よく生徒さんに、B&Fと、「敷き紙を敷く」のとの違いは何ですか?

どっちが良いんですか?

って聞かれます。

 

正解はというと

どっちでも良くて、だいたいは自分で決めて良い事。

私は使い分けだと思っています。

 

レモンケーキを焼く場合は、必ずB&Fにしていて、そうすると、こんな風に焼き色がしっかり出ます。

判りますか?

敷き紙だと、紙を剥がす時に、焼けた茶色の部分が一緒に剥がれますよね。

B&Fの方が、焼き目がキレイに出ます。

パティスリーミチは、「キレイさ」に重きを置くので、主にB&F派です。

B&Fが意外とめんどくさいので、私は敷き紙派!!と、決めてしまうならそれはそれで良いと思います。

 

ちなみに、もちろん私も敷き紙を使う時はあって、

B&Fと、敷き紙と、どっちでもそれほど焼き目のキレイさに差が出ない時は、紙を使うし、

崩れやすい柔らかいパウンドケーキの時は、敷き紙の方が型から取り出す時に安全なので、紙にします。

 

私は、そんな感じに使い分けをしています。

参考になれば、幸いです^^

 

 

ご新規様向けのメルマガの登録はこちらから出来ます。

*生徒様の募集も、メルマガから優先して行っていますので、お菓子教室に興味を持って下さってる方はぜひご登録下さいね^^

 

パティスリーミチ

お菓子教室は毎月20~25クラス開講、100名近くの生徒さまにお越し頂いています。
現在満席です。

ご入会をご希望の方は、メールマガジンにご登録頂きますと、一番早くにご新規様募集のご案内が届きます。
ぜひご登録下さい。登録はこちらから。

*お申込み・お問合せは こちらからお願いいたします。

manabook お菓子教室patisserie-michiのページはこちらです。

前の記事

車庫入れが出来ない問題、再び

次の記事

DIYスタジオエルさんとの出会い