タルトの空焼き、する?しない?

こんにちは。

埼玉県蕨市でお菓子教室と販売をしているパティスリーミチのMichiこと、谷田部道子です。

ーーーーーーーー

 

タルトの空焼き、する?しない?

 

同じようなタルトなのに、

この本では空焼きをしていて、

こっちの本では共焼きをしている、

その違いは何なのだろう???

と、思ったことはないですか??

 

*空焼き・・生地だけで焼いた後に、アーモンドクリームを入れて、もう一度焼く方法。

*共焼き・・生の生地に、アーモンドクリームを入れて、一緒に焼く方法。

私は趣味でお菓子作りをしてた頃、ずーっとずーっと思ってました。

どの本にも、その理由は書かれていなかったから、答えは判らないままでした。

 

私は、学校に行って、やっと、明確な答えにたどり着く事が出来ました。

私のたどり着いた答えは、

基本的に空焼きした方が、よりサクサクに焼ける、ということ。

 

え?知ってたって?

当たり前だって??(笑)

 

じゃぁ、なぜ、共焼きしてる人がいるのでしょう。

「共焼き」というやり方が存在するのでしょうか。

「共焼き」するのは、お手軽に作る為だと私は理解しています。

手抜き、とも言うかもしれませんが。

家庭でのお菓子作りに、空焼きはなかなか手間で大変です。

タルトなんて面倒で作りたくない、って思ってしまいがちです。

だから、お手軽な方法として、ある本には共焼きで書かれているんだなと想像しています。その本の作者のやり方なのだと思ってます。

 

その上で、

私は学校に行って、先生の話を聞いて、

共焼きしても大丈夫な生地、ダメな生地、があることも理解しました。

(この話は、未だにどこの本でも見つけた事はないです。

私がしつこくしつこく(鬱陶しがられながら(笑))、先生に食らいついて質問を重ねて、やっとたどり着けた答えでした。)

なので私は、使い分けをしています。

 

冒頭に書きましたが、

基本的には空焼きした方がサクサクに焼けます。絶対に。間違いなく。

だけど、この生地なら、共焼きでも、なんとかサクサクに焼ける、手軽に作れる、という生地もあります。

「タルト生地の配合による特性の違いがあります」

また、オーブンの特性もあったり、使う型や道具の工夫で、共焼きでもサクサクに焼く術もあります。

 

Basicクラスでは、このお話をみっちりします。

みなさんが、タルト作りに迷う事がなくなるように!

 

以前生徒さんから

「違うお菓子教室に行った時に、その先生が共焼きをしていて、どうしてなのか聞いたら、

共焼きの方がタルトがしっとりするから♡

と回答されて、何か、納得出来なかったんですけど。。」

という話を聞いて、衝撃を受けたことがあります。

 

タルトをしっとり焼きたい人なんている!?

タルトをいかにサクサク焼くかを、みんな模索してるのではないかと私は思います。

あ!

これはあくまで私の考えです!

しっとりしたタルトが好きな方がいらしたら、すみません!!

 

私の結論!!

・タルトは空焼きした方が断然良い。

・その上で、共焼きでもそれなりにサクサクに焼ける配合がある。

・オーブンや、型などの道具で、サクサクに焼く為に工夫出来る事がある。

 

でした。

 

参考になれば幸いです^^

こんなお話に興味のある方、ぜひパティスリーミチにお越し下さい♡

 

★8月スタートの生徒様1名のみ募集中★

8月スタートBasic火曜日10:30クラスの生徒様を募集中です!
常時満席なパティスリーミチにご入会頂けるチャンスです!

詳しくはこちらからご確認下さい。

教室の安全対策はこちらにまとめてあります。

 

パティスリーミチ

お菓子教室は毎月20~25クラス開講、100名近くの生

徒さまにお越し頂いています。
現在満席です。

ご入会をご希望の方は、メールマガジンにご登録頂きますと、一番早くにご新規様募集のご案内が届きます。
ぜひご登録下さい。登録はこちらから。

*お申込み・お問合せは こちらからお願いいたします。

manabook お菓子教室patisserie-michiのページはこちらです。