溶けたバターが固まるとどうなるか?

こんにちは。
埼玉県蕨市でお菓子教室と販売をしているパティスリーミチです。

 

今日は、お菓子作りのお役立ち情報シリーズです。

*過去にアメブロで書いた記事のリメイク版です。読んだことは復習に、初めての方も、よかったら読んで下さい^^

 

溶けたバターが固まるとどうなるか?

 

夏場、柔らかいバターにしようと、部屋に出しっぱなしにしておくと、、、

1時間でもう溶け出してしまいます。

こんな感じ。

バター

周りの透明な液体になっているところが、溶けたところです。

 

それをまた冷蔵庫に入れて固めると、こんな状態になります。

バター

2層になってるの解りますか?

 

バターは一度溶けると分離して、分離したまま固まり、元には戻りません。

 

写真の通り、溶けたバターは元のバターの状態には戻らず、分離したまま固まります。

 

こうなったら、このバターはもう「溶かしバター」としてしか使うことは出来ません。 ← ここ大事!

 

お菓子作りの中で、

「ポマード状のバター」・「室温に戻した柔らかいバター」

を使う場面って多く出てきます。

 

一度溶けたバターを、室温に戻したバターとして使う事は出来ません。 ← ここ大事!

 

一度バターは溶けると、性質が変わってしまうのです。 ← ここ大事!

 

お菓子作りの失敗の多くは、ここが原因だと私は思ってます。

 

バターが溶けたら困るお菓子で、うっかり溶かしてしまってる!(気づかない)

溶けちゃったけど、ま、いっか!と続けて作ってしまう。(気づいてるのに)

 

そんなことありませんか?

 

溶けたバターでパウンドケーキやマフィンを作って、ふっくら美味しく出来ませんよー。

 

 

私の話ですが・・・

 

子供の頃、パウンドケーキをよく作っていて、毎回焼き上がりが違うのはどうしてか??と思いつつ、無視して作っていました。

 

パウンドケーキは、

室温に戻した柔らかいバター

を砂糖と合わせて泡立てて作るお菓子です。

 

美味しく出来る時と、出来ない時があったのは、

 

今思えば、バターの状態の違いだったんだなーと思います。

 

溶けたバターも、ま、いっかと、使ってました。

 

お菓子作りに大切なのは、材料の状態に気を配ること

 

お菓子作りをしていると、気候の変化をものすごく感じます。

 

5月は、ちょうど柔らかいバターにしやすい季節ですが、

6月に入ったら、うっかりバターを溶かしてしまわないように、室温に出し過ぎに注意が必要になってきます。

 

お菓子を上手に作るというコトは、気候の変化を敏感に感じ取って、その時に合わせたお菓子作りをするというコトかな、と思います。

 

材料の状態に気を配る、というコトでもあると思います。

 

夏は、バターを溶さないように気をつける。

 

冬は、バターがなかなか柔らかくならないので、レンジにほんのちょっとかけたりして、硬すぎないように気をつける。

 

そんな風に。

 

先日生徒さんに、
「先生のお菓子は角(かど)がしっかり出ていてキレイですね。」
と言っていただきました。

 

角をしっかりと出す・・・=キレイなお菓子

そのコツもやっぱり、材料の状態に気を配ることだと思います。

 

「角(かど)」のお話はまた次回。

読んでいただいてありがとうございました。

*アメブロからお引越ししたので、お役立ち記事をリメイクしてあげて行きたいと思います。

ぜひまた読みに来て下さいね^^

 

 

パティスリーミチお菓子教室は毎月20~25クラス開講、100名近くの生徒さまにお越し頂いています。
現在満席です。

ご入会をご希望の方は、メールマガジンにご登録頂きますと、一番早くにご新規様募集のご案内が届きます。
ぜひご登録下さい。登録はこちらから。

*お申込み・お問合せは こちらからお願いいたします。