キレイなお菓子(ケーキ・クッキー)の作り方とは?

こんにちは。
埼玉県蕨市でお菓子教室と販売をしているパティスリーミチの谷田部道子です。

 

キレイなお菓子ってどんなお菓子?

 

「ミチ先生のお菓子は、本当にキレイですね!」

「そんなお菓子が作れるようになりたい!」

 

そんなお声を、日々生徒さんに言って頂きます。ありがとうございます^^

 

数年前まで、「キレイなお菓子」ってどんなお菓子か、うまく説明出来なかった私ですが、ある時生徒さんの言ってくれたお言葉が、とても判り易かったので、シェアさせて頂きますね^^

 

「キレイなお菓子」=「角(かど)がしっかりしているお菓子」

 

以前、横浜から2時間かけて通って下さってる生徒さんに、ご近所の生徒さんが
「そんなに遠くからでも通いたいと思う理由は何ですか?」
という質問をしていました。

 

横浜の生徒さんは、

「先生のお菓子は角がちゃんとあってすごい!

あの角にやられました。

遠くても、このお菓子教室に通いたいと思いました。」

と、答えていました。

 

「角(カド)って?!」
首をかしげる他の生徒さん(笑)

 

角(カド)って、
こういうのや

ナッペ ケーキの角

こういうの

タルトの角

こういうのです。

クッキー

 

お菓子の角、わかりました?(笑)

 

そうです、角があるって、ピシッとした美しいお菓子です♪♪

 

角が丸いと、ちょっとだらけた感じになっちゃいます。

なんでもそうです。

 

私の教室のコンセプトは、売り物みたいにキレイな美しいお菓子作り、です。

キレイなお菓子作りには角(かど)をしっかり出すことが、大切。

 

角(カド)がしっかりあるお菓子を作るコツ

 

コツは、丁寧に作ること。
それにつきます。

 

前回のお役立ち記事【溶けたバターが固まるとどうなるのか?】で、

・・・

お菓子を上手に作るというコトは、気候の変化を敏感に感じ取って、気候に合わせたお菓子作りをするというコトかな、と思います。
材料の状態に気を配る、というコトでもあると思います。

・・・

と書きました。

 

例えば、

クッキー生地のバターが柔らかくなってるのに、無理して型抜きしたりカットしたりすると、キレイに切れずに、角(かど)が出ません。
角(かど)が丸っこくなってしまいます。

 

生クリームのデコレーションをする時、生クリームが温まってしまうと、つやがなくなりボソついてしまいます。角(かど)が出せません。

 

バターが柔らかくなってきたなと感じたら、面倒でも冷やす。

生クリームがボソついてきたなと感じたら、こちらもめいいっぱい冷やす。

 

・・・・くどくなってきましたね、ごめんなさい。

そのちょっとの気遣いで、キレイなお菓子が作れるだけでなくて楽になるかなと、と思い書いてみました。

 

みなさんのご自宅でのお菓子作りのお役に立てれば幸いです^^

 

読んで頂いてありがとうございました。

 

 

パティスリーミチお菓子教室は毎月20~25クラス開講、100名近くの生徒さまにお越し頂いています。
現在満席です。

ご入会をご希望の方は、メールマガジンにご登録頂きますと、一番早くにご新規様募集のご案内が届きます。
ぜひご登録下さい。登録はこちらから。

*お申込み・お問合せは こちらからお願いいたします。